ダッシュボード

タバコを吸っていると言われる「嫌なこと」

執筆者:Suwanai編集部

7割近くの喫煙者が「嫌なこと」を言われている

タバコを吸っていて、他人からよいことを言われることはほとんどありません。嫌なことを言われた経験は、誰にでもあるのではないでしょうか。Suwanai編集部では、現在も喫煙を続けている人にアンケートを実施し「タバコを吸っていてこれまでに嫌なこと・嫌な思いをしたことがあるか」を尋ねてみました。
 
わずかなサンプル数ではあるのですが(編集部の周りにいる喫煙者を見つけるのが大変!)、「嫌なこと・嫌な思いをしたことがある」と答えた人は全体の約66.7%という結果でした。さらに「嫌なこと・嫌な思い」の内容について聞いてみると、「周囲の人の行動によるもの」が約14.3%。「周囲の人の言葉によるもの」が約85.7%。つまり、タバコを吸っていて経験する「嫌なこと・嫌な思い」のほとんどは、「誰かに嫌なことを言われた」というものが多かったのです。
 
タバコを吸っていると言われる「嫌なこと」

 

吸わない人は、タバコの○○○が大嫌い!

喫煙者がタバコを吸っていて言われた「嫌なこと」。
もう皆さんもお気づきだと思いますが……。
  • 「ほぼ毎日、『臭い』と言われます」(30代・男性)
  • 「『タバコ臭い』と言われる」(30代・男性)
  • 「煙のにおいについて言われた」(30代・男性)
  • 「通りすがりの人に大声で『くっさー』と言われた」(20代・男性)
そう、タバコのニオイについてです。
 
喫煙者はタバコのニオイがそれほど気にならない、もしくは心地よいから吸っているわけですが、非喫煙者の拒否反応は喫煙者の想像をはるかに超えるものです。
タバコを吸っていると言われる「嫌なこと」

 

タバコを吸っていて言われた「嫌なこと」は他にもあります。
  • 「パートナーから『やめてほしい』と言われる」(40代・男性)
  • 「『かっこつけて吸ってるんだろ?』と言われた」(20代・男性)
  • 「『いつやめるの?』と言われ続ける」(30代・男性)
吸っているだけで気づかないうちに周囲の人からの好感度を下げてしまい、結果的に人間関係にまで影響を与えかねないタバコ。できるなら、やめるに越したことはありません。実際、今回実施したアンケートでも、約71.4%の人が「禁煙を試みたことがある」と答え、そのうちの68.8%の人は「また禁煙したいと思う」と回答しています。いまタバコを吸っている人でも、やはりそのデメリットについては十分承知しているのです。
免責事項
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
Powered by All About
初回公開日:2018年10月31日 11:23:22