ダッシュボード

「また吸ってしまった」復活の理由あれこれ

執筆者:Suwanai編集部

禁煙の妨げとなる、仕事がらみのストレス

「また吸ってしまった」復活の理由あれこれ

 

最終的に禁煙に成功した人でも、禁煙中に「よしいける!と思ったのに、ひょんなことからまた吸ってしまった」という経験がある人は多いようです。もちろん、タバコに含まれるニコチンに依存性があるのが根本的な原因です。しかし今回、Suwanai編集部で40人以上の人に「禁煙をしていたのに、またタバコを吸ってしまったのはなぜですか?」と質問してみたところ、「ニコチンが……」と答えた人はひとりもいませんでした。
 
ではなぜ、皆さんはタバコをまた吸ってしまったのでしょうか?
  • 仕事のストレス
  • 週末など、プライベートではまったく喫煙しないが、仕事が詰まったときに復活してしまった
  • 社内でのストレスから
  • 仕事が忙しくなったときに、喫煙してしまった
  • 仕事でトラブルがあって
  • 仕事の忙しさからくる心理的ストレスで
  • 禁煙成功1カ月後、きついプロジェクトに異動になったところで復活した
 理由として最も多く挙げられたのは、見事に「仕事」に関連する多忙・ストレスでした。本来はタバコにストレスを軽減する効果はないのですが、過去の記憶や習慣などと結びつくことで、タバコに再び手を伸ばしてしまう人が少なくないようです。
 

雰囲気に流されやすい酒席への参加にはご注意を

次いで多く挙げられたのは、自身の内面的欲求に関するものでした。
  • 欲求に負けて
  • 我慢できなくなってしまった
  • 少しならいいかという気持ちで……
  • 意志がそれほど強くないから
  • 吸いたい欲望が強かった
タバコが健康によくないと頭ではわかっていても、実感がなければどうしても自分の欲求に負けてしまいがちですよね。そんなときこそ、周囲の人々や第三者のサポートが必要なのかもしれません。
 
3番目に多く挙げられたのは、「お酒」に関わるものです。
  • 飲み会の場で、つい……
  • 我慢できませんでした。特に酒の席です
  • 飲み会で周りが吸っていて、もらいタバコで……
  • 飲み会の際に、吸いたくなってしまいます
お酒が入ると吸いたくなるという人は多く、アルコールを摂取すれば理性の働きも弱まるため、その場の雰囲気に流されたり、過去の欲求がよみがえったりするなどして、禁煙の誓いを破りやすくなるのでしょう。
 
禁煙を始めようとするとき、あるいは禁煙を始めたときには……。
 
①   仕事でのストレスをできるだけ抱えない
②   周囲の人または第三者のサポートを得られるようにしておく
③   酒席への参加は控える

 
といったことが、禁煙を続けるためのコツとなりそうです。
免責事項
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
Powered by All About
初回公開日:2018年10月31日 11:20:51